【日本酒の産地を知ろう!!】データで見る日本酒(酒米)ふるさと

あなたにとっての日本酒といえば獺祭ですか?十四代?醸し人九平次?
日本酒のイメージは銘柄がでてきますよね
日本酒の要素は米、米麹、水とそれを管理制御する酒蔵と言われています。
日本酒の要素の一つをデータで見て行きたいと思います。

データで見る酒米

酒米をデータで見ていきます
さぁどんなお米があるのか!?

酒米No.1は山田錦 山田錦のふるさとは?

日本国内の酒米は山田錦生産量No.1 年間34,503トン
そのうちの60%20,491トン兵庫県内で生産されている。
その中で三木市約6,000トン生産され世界で一番の山田錦の産地

特A地区 三木市吉川町

酒米は、長く、「酒米買うなら土地を見て買え」と言われてきました。米の品種だけでなく栽培地が重
兵庫県三木市吉川町(特 A 地区)の山田錦の圃場。背丈が高く、収穫前にはトグロを巻いたようにうねる人と社会にとってよい酒のあり方を考える3要だと言うのです。兵庫県の特 A 地区は、六甲山西部の三木市(吉川・口吉川)や加東市(東条町・社町東部)等にあり、夏の気温の日較差が 10℃以上と大きく、谷間に粘土質の棚田が広がります。

三木市の最高気温と最低気温の温度差は大きく山田錦の生育に適している。

山田錦を原料にした銘柄

タイトルとURLをコピーしました